パソコンチェアーの選び方

パソコンを長時間使用するのであれば、パソコンで使用する椅子はできるだけ高価なものが良いです。
値段が高ければ高いほど良いというわけではありませんが、やはり安価で購入できる椅子は、安いだけあって身体への負担のことをあまり考慮されておりません。多くの人はドスパラのゲーミングPCのように高価なパソコンだけを買って満足していますが、PCやゲーミングデバイスだけでなく椅子にもお金をかけるべきです。
実際問題、仕事やゲームなどで数時間パソコンと向き合っていると、どうしても姿勢が崩れがちになり、身体への負担は大きくなります。
値段の目安は、最低でも5万円以上、財布がゆるすならば10万円以上を考慮していただきたいのが本音です。
椅子で10万円?と考えると思いますが、椅子だからこそ10万円かけて欲しいと思います。
たかが椅子、されど椅子、寝具などにもお金をかけると本当に快適な安眠が得られます、ある意味『どこでも寝られる』とか『寝具なんて気にしたことない』なんて言っている方にこそ伝えたいです。
私も、寝具や枕など気にしたこともなかったのですが、一度高価な枕や寝具を使ってからは、とてもじゃないですが安価な布団では快適な睡眠を得ていなかったと実感しました。
寝具は度々注目されてきましたが、いまひとつ椅子には着目されてない世の中ですが、椅子も座れたらなんでも良いと考えられる方も多いと思いますが、一度良い椅子に座ってみて欲しいものです。
一体何が、普通の椅子と違うのか?と言われたら、通常椅子に身体を合わせているというのがわかるくらい、椅子が身体にフィットし、椅子が様々な姿勢をサポートしてくれます。
とにかく、座っている姿勢が『楽』なのです、安価な椅子は通常長時間座っていると、どうしても身体が痛くなってくるのですが、そういった疲れが感じられません。

オススメのチェアメーカー

ハーマンミラー
・フリッツ・ハンセン
・岡村製作所
・エルゴヒューマン
椅子で十数万?と思うかもしれません決して安くはない買い物ですが末長く使えば使うほど納得と満足ができる買い物です。

値段だけではない、体型や使用にあったパソコンチェアーの選び方

パソコンの椅子を選択するときに、どうしてもアーロンチェアーやコンテッサなど、高い椅子をすすめられる場合が多いです、これは非常にすわり心地も良く、オススメしてもされても問題ないような椅子であることは確かです。
しかしながら、本当にあなたに合っているか?これはネットで調べるより本当なら片っ端から座ってもらうのが一番だと思います。
それが一番なのはわかるとは思いますがそうそう時間もとれないという方に、ポイントを置くべき椅子の選び方を書き出したいと思います。

身長を考慮しましょう

身長が高い人、低い人、普通の人といらっしゃると思います、普通の人であれば、だいたいの椅子はあうと思いますが、そうでない方は、ヘッドレストの位置が合わない状態になり、折角の高機能の椅子も宝の持ち腐れとなる場合があります。
何万円も出して結局身体に合わないのでは勿体無いので、自分の身長にあった椅子を選びましょう。

体重を考慮しましょう

体重の重い人、軽い人によっても椅子の合う合わないがあります、メッシュ系は体重の重い方では伸びてしまう場合があるので、通気性の良いメッシュを選びたいと思われますが、しっかり自分の体重に耐えられるか確認しましょう。

使用する業務、姿勢を考慮しましょう

キーボードを長く売っている、映像を見るなど通常の姿勢と、絵を描くなどの前傾姿勢など仕事などでメインにつかう姿勢にあわせた椅子を選びましょう、前傾姿勢が多い方は常に前傾姿勢や前傾チルト機能のある椅子を選ぶと良いです。
後傾姿勢にある人は、肘置きなどがあると腕の疲れ方が緩和されます。
以上、姿勢や体型を考慮して適切な椅子を選ぶことが大事です、自分の体型と使用状況をまず考えて選べば、あれこれ迷うことが少なく、コレと言った椅子が見つかります。
また、腰痛にきく椅子はありませんが、腰痛になりづらくするように心がけられる自分の身体にあった椅子を選べば、長期間使用ができ、満足を得られます。